搬送距離と移送する物のボリュームは当たり前ですが

9月 3, 2015 | Comments Off on 搬送距離と移送する物のボリュームは当たり前ですが

最近、自動車メーカーはクルマの色数を増やすようになりました。色もキャラクターシンボルの一つの要素ですから、メーカーもクルマがキャラクターシンボルであることを認識しはじめたのではないかと思います。クルマをファッションの一つとして見る若者も増えています。今後も、ますますクルマのキャラクターシンボル化は進むに違いありません。

クルマごときに金をかける日本人それでは、ク~マの先進国、緊のユーザーは、ク~マに対してどんな意識を持っているのでしょうか。これは日本車がどのように受け取られてきたかを見ると、その一端がわかります。
欧米とひと口に言っても欧州人と茜人はかなり違います。ひとくくりにはできませんが、米国人はブランドヘの関心は薄く、いいものはいい、悪いものは駄目と、はっきり意思を示します。苗のこと、苗人を好きな人は、こういうわかりやすい国民性に好意を持つことが多いようです。日本車が米国市場で急激に売れたのも、省資源、低公害の社会的な流れが出て、そこに日本車がぴたりとはまったからです。